MENU

結婚式のために行うブライダルエステで肌荒れを起こしてしまうケースが多発

結婚式は人生の中で最も輝く瞬間と言えます。一生の記念となる結婚式に向けて、最高の状態を維持するために、ブライダルエステに通う花嫁さんは増えています。そこで注意したいのがブライダルエステを受けて肌荒れを起こしてしまうなどのトラブルです。せっかく綺麗な姿でウェディングドレスを着ようと思って、ブライダルエステを受けているのに、それが原因で肌荒れを起こしてしまったら意味がありませんね。しかし実際に、国民生活センターに寄せられる相談として、ブライダルエステによる肌荒れなどの気概は増えているのです。

 

例えば、二の腕エステをおこなったところ腕が腫れてしまったり、デコルテラインや背中の毛剃りを行ってもらったところ、肌が剃刀負けしてしまい、湿疹や炎症を起こしてしまったりするケースがあります。またその他にもまつげエクステンションを付けたところ、目に傷が出来てしまったり、フェイシャルエステで肌に合わず、吹き出物や炎症がひどくなったりしたという人もいます。

 

結婚式の日にちを変えることは難しいので、このようなトラブルが起こってしまうと万全の体制でウェディングドレスを着ることができなくなる可能性もあるのです。人生において非常に大切なイベントになるわけですから、ブライダルエステで肌荒れが起こってしまうと、精神的なショックは大きくなるでしょう。

 

特に肌荒れが起こる施術内容としては、美顔エステ、痩身エステ、脱毛エステなどがあります。部位に関しては顔面の他に、ウェディングドレスで露出する部分である、デコルテや背中などが多いでしょう。このようなトラブルを回避するためには、エステを受けたことが今までにあまりない、肌が敏感な人などは直前にブライダルエステを受けるのを控えた方がよいでしょう。